アクセス条件まで考える

結婚式場

新郎・新婦どちらも生まれも育ちも広島であれば、招待するゲストも近隣から足が運べるワケです。一口に結婚式場といっても、専門会場からホテル、さらにレストランや海外まで、幅広い式場があります。選び方としては招待するゲストの視点にたって、アクセス条件からというものであるのが望ましいでしょう。基準は、二次会までの時間も考慮した式場です。というのは、挙式から披露宴までを一連の流れで行えたのち、二次会の会場はどこに設けるでしょうか。式場から近い、披露宴と二次会の間が短いというのがポイントになります。披露宴を考えてみましょう。お酒も飲むでしょうし、その状態で電車やタクシーに乗るのはしんどいでしょう。式場をある程度立地のいい場所にすれば、まわりに二次会に使えるお店も沢山あります。

オリジナルプランで比べる

新郎新婦

広島には、結婚式場として機能する沢山の施設があります。他の式場と比べてみない限り、その式場のみが自分たちにとっての『好評価』となります。しかし、本当にその式場がよいものなのかは、実際に他と見比べてみなければ判断ができません。最初に見る式場は本命であったほうがいいのも事実で、目の肥やしにもなります。基準は3つほどの式場を比較してみることですが、たとえ結婚式専門式場であっても、3つとも全く同じではありません。だからこそ、ブライダルフェア限定プランで比較してみましょう。何の特典がつくのか、何に追加料金が発生するのか、各社オリジナルプランとなっているため、メリットも比較しやすくなっています。

一軒家ならではの魅力

結婚式場

人気化するのは、一軒家を貸し切ったタイプの結婚式場なのだそうです。広島ならではの景観、それに配慮しての式場になります。高台に立つ一軒家もあれば、隠れ家的一軒家など、コンセプトは様々なのですが、何よりも自由度の高さがあります。新郎・新婦、ゲストが異なる参加者とバッティングすることもありません。1日貸し切りとなれば、パーティー感覚で盛り上がれますし、こうした場合には、小さなお子さん連れも歓迎されています。

レストランでのウエディング

新郎新婦

実際に広島在住者が、結婚式場として選んでいるのは専門会場です。それだけ実績があり、年配(高齢者)のゲストも参加しやすいようです。しかし、最近は予算の問題から規模が縮小されています。そうしたことからも近年人気取りしているのは、レストランウエディングです。広島ならではの海の幸が頂ける、いわゆるシーフードレストランを貸し切って披露宴を執り行っています。ゲストはお祝い金を包む際、見返りを求める傾向にありますが、第一に引き出物や会場の質より、婚礼料理に着目します。それだけのクオリティがあるのは、レストランウエディングなのだそうで、気軽に参加できる声もあります。

広告募集中